読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品の開発。

年末に映画2本。

会社で納会も終わり、少々外勤して夜は映画を観に行ってきました。年末の仕事終わりに映画。開放感に溢れておりましたが、久しぶりに1日2本見たので、ややぐったりしました(笑)。

1本目は「レ・ミゼラブル」。Yahoo!映画で評価が鬼のように高かったので見てみました。



まあまあだったかな(笑)。てか途中で寝てしまった。仕事終わりに見に行ったので疲れていたのもあると思うのですが、こういうミュージカル映画は会話自体が歌になっているので、展開がゆっくりでまったりしてしまいました。

あと、実は始まる時間に間に合わなかったので初めの10分間は見ていません(苦笑)。レビューを見ていると初めの10分間の景色が壮大だったとか気になることが書いてあるのですが、社会人は仕事優先なのでしょうがないです。

内容は、ジャン・バルジャンという聖者のような人が致し方なくパンを盗んで投獄されるところから始まり、その後もいろいろと罪に悩まされ、死んでいくというどちらかというと悲しい映画です。監督が「英国王のスピーチ」で有名になったトム・フーパー。主役のジャン・バルジャンに私が好きなヒュー・ジャックマン。警察役にラッセル・クロウ。ヒロインにアン・ハサウェイ。監督とキャスト見ているだけで「良い映画だな。」と思います。

よくよく思い出すと、よくできた映画でした(笑)。レ・ミゼラブルってミュージカルでもとても有名らしいですね。私も知っている曲がありました。でも、やっぱりちょっと悲しい内容だったな。個人的に一番好きなミュージカル映画は「ヘアスプレー」ですね。あれは明るくて良いミュージカル映画だったわ。

二本目は「ホビット

二本目は3時間近い映画、「ホビット」。レ・ミゼラブルで睡眠がとれたのでこの映画は寝ませんでした(笑)。「ロード・オブ・ザリング」は良い映画でしたけど、長すぎてどんな内容だったか忘れますよね。僕もすっかり忘れてまっさらな状態で見ることが出来ましたよ。



今回の主役はドワーフ。そして、灰色のガンダルフホビットビルボ・バギンズが一緒に旅をします。今回もどうやら3部作になるようで、ピーター・ジャクソン監督、人生の4分の1くらいをこの指輪物語にかけているんじゃないですか。よほどこのシリーズが好きなんだなと思います。

CGがものすごいのですが、もうどこまでが現実のセットでどこまでがCGとかさっぱりわかんないですね。浦和のIMAXシアターで見たのですが、ここの映画館は何度見てもすごい3D映像だなと思いますね。最初に見たのが「アバター」だったかな。

日本全国でも確か10館もなかったですよね、IMAX。もし近くにあるならIMAXで見た方が良いと思いますよ。「ホビット」もYahoo!映画で超ハイスコアだったのですが、レ・ミゼラブルよりはホビットの方が良かったです。でも僕はやっぱりスパイダーマンとかのアメコミものでスカッとするアクションが見たいですね。

久しぶりにジャッキー・チェンがすごい酔拳ものとかやってくれないかな。