kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

ドイツの経済指標が予想値を下回った

昨日の続きです。結局、株を売った理由は「勘ピュータ」みたいなものが働いたのです。消費増税後の盛り上がらない日本の消費、ダウ工業株30種平均が高値を更新していて、「どうも上がりすぎじゃね?」と思ったことなど、いくつか背景がありました。

IMG_1268

写真は、本文と全く関係ない山形の「お釜」。

10月4日に投資セミナーを聞き、欧州の経済指標も大事なのかと勉強しました。そして10月7日のドイツ「鉱工業生産指数」が予想(-1.5%)をかなり下回る「-4.0%」。これはかなりインパクトあるんじゃないかと思いました。

するとこれを受けてダウ工業株30種平均が下がっていきました。もちろんエボラも大いに関係あると思います。ただ、今の世界的な株安を起こしたきっかけは、ドイツの経済指標かなと思います。エボラがさらに拡大すれば(特にアメリカで)、さらに警戒度が高まるでしょう。