kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品の開発。

【観戦記】Jリーグ第12節 浦和レッズ v.s. 清水エスパルス[2012]

今シーズンのベストゲームじゃないでしょうか?Jリーグ第12節、清水エスパルス戦は1ー0で浦和レッズの勝利でした。前半終了間際、コーナーキックから阿倍が押し込みました。試合前からサポーターの気合いが感じられる重要な一戦でした。

DSC_0022

僕は正直、清水エスパルスはかなりやっかいな相手だと考えていました。前からどんどんプレスに来る厳しいディフェンスと、売り出し中の大前、高木を使ったサイドからの鋭い攻撃。浦和がどんな風に対応するのか楽しみな部分でもありました。

DSC_0010

まず前掛かりに来る守備に対しては、平川、梅崎を使っていつもよりロングフィードを多めにしていました。これによって清水のサイドバックがあまりオーバーラップできずサイドの連携をしにくくしていました。

DSC_0012

また、平川、梅崎も積極的に守備に入り、5バックにして、さらにボランチの阿部、鈴木もサイドをケアするという万全の守備陣形だったと思います。後半、高木がストレスがたまり、かなり嫌そうな顔をしていたのが印象的でした。

DSC_0026

浦和の攻めは、シンプルな堅守速攻か、といわれると全然そんなことはないと思います。DFラインからしっかりとつなげ、時にはロングボールも使い、見ていて本当に面白いフットボールをしていました。後半、清水のアレックスが退場してからはさらに攻め込んでいました。

DSC_0033

清水の監督が、試合後のコメントでこんなことを言っていました。

浦和のようなプレーをして勝つよりも、清水のような戦い方をして負ける方がいいと思っている。我々のスタイルそのものがポジティブな要素だと思う。ファンというのはホームで11人で守ってカウンターを狙うよりも、我々のような攻撃的なサッカーを見たいと思う。
J's GOAL | J's GOALニュース | 【J1:第12節 浦和 vs 清水】アフシンゴトビ監督(清水)記者会見コメント


このコメントを読んで、Twitterハッシュタグ「#urawareds」が荒れたのは言うまでもありません(笑)。そんなに浦和のサッカーは悪くなかったと思います。

DSC_0037

浦和は、清水のストロングポイント(大前と高木)をしっかりと消し、攻めに関しても自分たちの持ち味を出していたと言える試合でした。ただ、ミシャ監督からするとまだまだレッズの足が止まっていて、ボールをもらうのをいやがっている面があるとのことです。

サッカーを長くやっているので、それは良く分かるのですが、ボールポゼッションがうまくいっていない時間に何人かの選手がボールを受けたがらないから、動かない、そういったものが見受けられるシーンがあります。そういったところは今後、トレーニングの中で改善していかなければいけません
「チャンスに対するゴールの割合が足りない」ミシャ監督|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE


DSC_0057

個人的には浦和の攻めはすごく面白くて楽しいのですが、監督のイメージはまだまだ先にあるようで、とても楽しみです。さて、次は味の素スタジアムFC東京戦です。これまた大事な一戦です(仕事で行けないのですが・涙)。

試合結果
浦和レッズ1-0(前半1-0)清水エスパルス
得点者:42分 阿部勇樹
入場者数:35,877人