読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。ファジアーノ岡山。医薬品の開発。

日本代表戦とJリーグ観戦

02:サッカー 浦和レッズ
僕がよく読んでいるブログで「ネタフル」というものがあります。9月14日に「【サッカー日本代表】9月11日に埼玉スタジアムでイラク戦を観戦(なぜ、代表戦が面白くないのか?)」という刺激的なエントリーがありました。その中から引用します。

代表戦を見るたびJリーグも見て欲しいと思うけど、足を運べば運ぶほど代表戦とJリーグを見る人は全く違うクラスタなんだなと思います。一部は重なるでしょうけど。かくいうぼくも、息子がみたいと言わなければ率先しては代表戦に行かないと思いますしね。同じサッカーだけど意外に距離があるなぁ。
[N] 【サッカー日本代表】9月11日に埼玉スタジアムでイラク戦を観戦(なぜ、代表戦が面白くないのか?)


おぉ、と思いました。ここの作者のコグレさんは、代表戦はそれほど面白く思わず、浦和レッズ戦は面白いと。あまり僕の周りでは会わない人です。だいたい普段はJリーグを見ずに、代表戦だけ見る、と言う人がほとんどです。

どうせなら代表戦もJリーグも楽しめれば良いと思うのですが、例えば「浦和」という地域に密着したチームだと、サッカー以外にも「その地域の代表」という意味で応援する人も多いのでしょう。確かにそう考えると、日本代表はあまりにも大きすぎて実感が湧かず、より狭い地域のJリーグは応援できる、というのも腑に落ちます。

僕みたいにJリーグも代表戦も欧州サッカーも見るというのは、純粋にサッカーが好きなクラスタなんだなと感じます。サッカー観戦する人をあえてカテゴリ分けすると、

  1. サッカー好き(応援というかサッカー見たい)
  2. その地域好き(Jリーグの特定チーム応援)
  3. お祭り好き(日本代表応援)


というように分けられるのでしょうか。1と2を兼ねる人もいれば、2と3を兼ねる人もいます。サッカー観戦にもいろいろな角度があるのだなと感じた話でした。