kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

4月からの薬局のこと(その3)

会社の規定で1ヶ月前までに退職願を出さなければいけない私は、12月中旬、上司に退職願を出しました。上司の反応は、「こんな、日本のトップ30に入るような大企業の本社にいるのに、もったいないよ。1日ゆっくり考えてみなさい。」というものでした。

IMG_0767

上の写真は、2月9日、雪が降った翌朝のものです。記事とは全く関係ありません(笑)。

退職願を出す前にさんざん考えたのだから1日考えても変わらないよ、と思ったのですが、表面上考えることにして、その場は引き下がりました。翌日、上司がどうだと聞いてきたので、やはり気持ちは変わりませんと答えました。

しばらくして、常務にも伝えておいたよと教えてもらい、12月25日に常務と面談。私は、会社でいろんな人に会いましたが、この常務は本当に尊敬できる人だなと、短い2ヶ月の間で感じていました。厳しい面もありましたが、やること、言うことにおいて、とても筋が通っており、納得の出来るものばかりでした。そして飲み会の席でユーモアがある。

常務にいろいろ教わりたいという気持ちもありましたが、残念ながらこの日は退職についての面談でした。「日本には職業選択の自由があるから、特に引き留めない。がんばってくれ。」ということを言われ、面談が終わりました(つづく)。