kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

#1 マルエツでぴったり1000円だったこと

TEDのとあるプレゼンに触発されて、日常の「ちょっと良いこと」をブログに書いていくことにしました。不定期で更新していきます。とても良いプレゼンなので、時間のある時にでも見て下さい。



1回目の今日は、昨夜、仕事が終わって近くのスーパー「マルエツ」で起こったちょっと良い出来事。

この日は、妻から「やきそば作るので、他に何か食べたいものがあれば自分で買ってきて。」とLINEが来てました。やきそばの量が少ないかもしれないので、自分でトンカツとサラダ、あとチンするご飯のストックがなかったので3つ買いました。

レジに持っていくと、なんと税込みで合計1000円ちょうど。レジの50〜60代と思われる女性も「あら、1000円ちょうどなんて珍しいですよ。」と嬉しそうに話してくれました。私は、全く計算せずにいたので、レジの女性からそう言われ、「えー、計算していたわけじゃなかったんですけどねー。」なんて良いながら、なかなかレジの人とこんな風に話すこともないよなと、ほっこりした気持ちになりました。

家に帰ると、やきそばはそれなりの量があり、しかしながらトンカツは妻も娘も「きゃー、トンカツ☆」と言いながら全てなくなりました・・。残ったサラダがちょっと寂しそう・・。

マルエツには何十回、何百回と行っていますが、1000円ちょうどだったことなんて、初めてかも。嬉しいことです。