kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

プレミア開幕。スパーズに注目しました。

プレミアリーグが開幕しました。観戦したのは、ワトフォードリバプールニューカッスル対スパーズの2試合です。マンUウェストハムはハイライトで見ました。ルカクが2点入れて、いきなりフィットしてますね。


良いチームだなぁと思ったのは、スパーズ。きちんと守備を整えながら、攻撃でリスクを取って何度も攻めるのは見ていて気持ちが良いです。サッカーというのは足を使うスポーツで、失敗はつきもの。

スパーズの良いところは、その失敗を恐れずに、なんどもアタッキングサードで仕掛けるそのシステムです。最終ラインから蹴り上げて一気に裏を取るのではなくて、かなり高めにポジションを取ったデレ・アリやエリクセンからハリー・ケインに短いラストパスが何度も出るシステムです。これは見ていて、何度もチャンスがあるのですごく楽しい。

カウンター対策はきちんと取られていて、攻撃の時でもそれほど大人数は前線に出ません。比較的少人数でフィニッシュまで持ち込みます。とてもオーソドックスな4−2−3−1のフォーメーションだと思います。コンテの3バックや、クロップのゲーゲンプレスからするととても地味です(笑)。でもスパーズのサポーターは、全然自分のチームが地味だとは思わないでしょう。それくらいチャンスメイクして、観客を楽しませるサッカーだと思います。

一昨年、昨年と終盤になってするするとスパーズが上位に出てくるのは、おそらく選手にそれほど負荷をかけないシステムなので長期戦に向いていること、守備が安定していて下位への取りこぼしがないと言うことだと思います。

監督はアルゼンチン人のポチェッティーノです。今年もプレミアリーグを面白くしてくれるチームに違いないでしょう。