kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

徳島ヴォルティスのサッカーがかなり面白いことになっています。

少し前にDAZNで、名古屋対徳島をたまたま見ていたのです。すると徳島のサッカーが、かなり面白いと感じました。徳島のサッカーをずっと見ているわけではないのですが、以前は守備を固めてカウンター勝負というスタイルだったかと思います。

しかし、先日見た試合では、最終ラインからタッチ数の少ないパス中心のサッカーに変わっていました。そしてただ単にパスを回しているだけではなくて、結果も出ています。順位は、7月17日現在で22チーム中4位。

昨日の京都戦の得点シーンです。

www.youtube.com


中央からがっつり崩しての得点です。京都は5人がかりで中央を閉じようとしていますが、ショートパスでキレイに崩しております。何なんだ、この精度は。調子が良いときの浦和のような崩しにも通じます。

上の動画は、アタッキングサードでの崩しを映していますが、ビルドアップのところからかなりパス数が多いです。ヴォルティス、急にどうしちゃったんだと思って調べてみると、今年から監督が変わっているんですね。スペイン人のリカルド・ロドリゲス(43歳)という監督になっています。

京都戦後のインタビューを聞いていると、ポゼッションを重視している様なことを言っていました。この試合は、1−1の引き分けで、ロドリゲス監督としてはもっとポゼッションしたかった様です。

河童戦術のブログで有名な、リベロの河童さんも徳島について最近ブログに書いています。

kappa.blog


河童さんは、主に守備のところに注目して記事を書かれていますね。この素晴らしいサッカー、選手への負担も大きいと思うのですが、さて今年の徳島が何位でフィニッシュするのか楽しみです。2位以上で、自動昇格するようだと、監督が引き抜かれる可能性大ですね(笑)。