kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品の開発。

【騎士団長殺し】読了

村上春樹騎士団長殺し、発売された2冊とも読み終わりました。「1Q84」に比べて話はシンプルで、村上春樹初心者にお勧めな1冊であります。ただ、やはり奇妙な話の展開はつきものですので、その部分が許容できれば良いのですが。

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 
Webでいくつか書評を読んでみると「続編が出るのではないか?」というコメントが多いです。回収し切れていない伏線がたくさんあると言うことです。騎士団長が言い残した「免色さんであって、免色さんではないもの」の正体は結局わからずじまいだし、顔のない男やスバル・フォレスターの男との関係も書き切れていない印象です。

1Q84」と同じく、1年後くらいに続編が出るかも知れません。

キャラクターとしては、イデアとしての騎士団長はとても面白かったですね。物語のアクセントとして抜群の存在感でした。村上さん、今回も素敵な物語をありがとうございました。他の作品も読み返してみよう。