kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品の開発。

NISAが積立枠の制度変更と報道・・。(いまいちスッキリしない)

今朝の日経新聞一面で、NISAの非課税枠について報道がありました。現状5年が限度となっている非課税枠ですが、これを20年にしようという内容です。うーむ、朝から微妙な気持ちになってしまいました。

政府は利用が伸び悩んでいる少額投資非課税制度(NISA=総合2面きょうのことば)をテコ入れする。毎月少額を積み立てたい人のために新たな枠を設ける調整に入った。投資上限を現在の年120万円の半分以下に抑える代わりに売却益や配当に税金がかからない期間を現行の5年から大幅に延ばす方向だ。制度の使い勝手を良くして利用者の裾野を広げる。
NISAに長期積立枠 非課税、20年を軸に 政府調整 利用伸び悩みでテコ入れ :日本経済新聞


投資上限を半分にすると言うことは年に60万円。それを20年まで非課税で運用できるようにするということです。しかし、なんで20年なんて中途半端というか、思い切れない期間になっているのでしょうか。

NISAが不評なのは、5年が来ると今まで積み立てた投信なり株なりを売却しなければいけないからです。値上がりしていればいいですが、値下がりしているときに「そういう制度だから。」と言う理由で泣く泣く売却させるのは、制度としてどうなんだと思います。これを20年に延ばしても結局そこで売らなければいけないじゃないか。

おそらく金融庁は恒久化にしたいはずなのですが、財務省が口を出してくるんでしょうね。さて、どうなりますやら。