kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

トーマス・ミュラー

UCLもグループステージが始まりましたし、いよいよ欧州サッカーが本格的に動き始めたなというところです。チェルシーの負けっぷりにはびっくりですけどね。モウリーニョがどう盛り返してくるのか、楽しみではあります。


ちょっと前に、行きつけのマッサージ屋さんで「好きなサッカー選手って誰ですか?」と聞かれました。好きなサッカー選手って挙げればきりがないけど、今だとトーマス・ミュラーかなと。アグエロも大好きですけどね。

ミュラーというのは、ドイツで一番有名なクラブ、バイエルン・ミュンヘンに所属していて、チェルシーバルセロナなどから「うちに来ないか?」と、どれだけお金を積まれても移籍しない選手です。バイエルンのフロントは、ミュラーのことを「非売品」と呼んでいるくらいですね。

もう何年も前からバイエルンのレギュラーに定着して、バンバン得点を決めています。ドイツ代表でもよく得点しています。それでもまだ25歳です。上の写真はミュラーとその奥さんです。20歳で結婚していて、仲良しの夫婦だそうです。ちなみに嫁さんはモデルさんです。

どうしてこの選手が好きなのか?


ミュラーは、ポジションはMFですが、ほとんどFW的な動きをします。バイエルンでは、1トップにレバンドフスキが入り、2列目にミュラーロッベンが陣取っています。この選手が好きな理由は、抜群のポジション取りと、ゴールに対する嗅覚が素晴らしいことです。

2列目で、ワイドに張ってボールを動かしていたかと思ったら、いつの間にか味方のクロスに合わせてゴール前に飛び込んでいる。そしてその細身の体に似合わず、屈強な相手のCBに当たり負けしない。力強さを感じる選手です。それでいて、味方の選手が点を取りやすいようにポジション取りをしていることもあります。つまり、オフザボールの動きが抜群なわけですね。

オフザボールの動きが抜群な選手って、味方と相手のポジションを確認して、自分がどうすればボールがうまく回るのか、ゴールにたどり着くのかを常に考えています。ドイツにはこういう選手が多いですよね。トニ・クロースなんかも全体的な流れを見てポジション取りしているのかなと感じます。

ま、そんなわけでUCL、楽しみですね。