kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

ありがとう、Steve Jobs(スティーブ・ジョブス)。

人によってヒーローって異なると思います。尾崎豊だったり、矢沢永吉だったり、アントニオ猪木だったり、ウルトラマンだったり。僕にとってのヒーローというのは、ビル・ゲイツ孫正義、今回亡くなったスティーブ・ジョブスです。情報産業で成功している人は、僕にとってとても輝いて見えます。憧れです。

上の動画は、2005年にジョブスがスタンフォード大学でスピーチをしたものです。とても面白いです。日本語字幕版もあるみたいなので、興味がある方は探してみて下さい。スティーブ・ジョブスがかっこいいのは、自分が創業したアップル社を追い出されたり、素晴らしい製品を作るために社内を非常に引き締めたり、そういう人間くさいところがあるからだと思います。

僕が初めて自分のパソコンを持ったのは、1995年、19歳の夏でした(親に買ってもらった)。まだぎりぎりWindows95が出ていない時です。MacとWindows、どちらにするかさんざん悩んだ末、PowerMacを買ったのでした。そこから16年経ちました。

僕は特にアップル信者ではありませんが、19歳から35歳(1995〜2011)の今まで、情報革命がどんどん進み、僕の青春時代はスティーブ・ジョブスビル・ゲイツ孫正義で埋められました。ホリエモンや三木谷浩史もいました。Googleラリー・ペイジセルゲイ・ブリンは僕と同世代です。はてなの近藤淳也もいます。IT好きな人間は、この15年間、とてもわくわくしていたと思います(これからもするのでしょうが)。

スティーブ・ジョブスの死は、なんだかそういう良い思い出に一区切りをつけられたみたいで、とても寂しく思いました。涙がぽろりとこぼれました。ありがとう、スティーブ・ジョブス。安らかに眠って下さい。

R3013671

Apple Store銀座にて。たくさんの献花がされていました。僕も今までのお礼の意味で、仕事が終わったあとに献花してきました。しんみりですみません。