kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

災害修復には、非常にお金が要ります。寄付をしよう!

2011年3月11日、日本を大きく変える災害が起きました。テレビやTwitterで被害に遭われた方々の状況を見ていると、心が痛みます。災害から2〜3日はアドレナリンが出ているので、疲れに気づきにくいですが、日が経つにつれて大きな疲労感、喪失感がおそってくると思います。

ボランティアに行っても良いとは思うのですが、ネットで調べたところではまだそういうものが整備されていないようです。災害3日目で今必要なのは、水道、トイレ、おにぎりなどの食料、医薬品、医療者でしょうか?人手は徐々に必要になってくると思います。そこそこ落ち着いてくれば、「ボランティアセンター」のようなものが設置され、そこでボランティアの振り分けが行われると思います。そこが整えば、外からボランティアに行くのもいいと思います。

被災地以外の人が今できることと言えば、やはり「お金」だと思います。テレビで見た感じ、復興には莫大なお金がかかりそうです。私も一昨年、水害に遭いましたが、借金が多い自治体ではなかなか十分な資金が出ません。日本全国で、1人1万円ずつ出せば、1兆円集まります(被災者も人数に入っているので、実際はもっと少ないと思いますが)。

私も寄付が大事だと思い、「Yahoo!ボランティア」のサイトで、1万円寄付しました。Twitterを見ていると、ホリエモンは100万円寄付したと言っています。今、いろいろなサイトで義援金を集めているので、自分の好きなところで寄付すればいいと思います。ちなみにYahoo!は手数料を負担してくれるので、寄付した全額を送金してくれます。おすすめです。

東京ー仙台を、新幹線で往復すると2万円かかります。そう考えると1万円なんて安いです。この記事を書いている現在(13日13:00)で、Yahoo!ボランティアの寄付金状況は、178,142人が寄付をして、合計263,227,382円が集まっています。約2億6千万です。まだまだ少ないと思います。100億円くらい行かないかなぁと思って見てます。

今回の災害とは比べものにならないですが、私も一昨年、実家の岡山で水害に遭いました。

R0019290

床上浸水で、所有していた自動車が3台中2台、水没して乗れなくなりました。車両保険に入っていなかったので、親は新しく自動車(中古)を購入しました。他にも、床を張り替えたりして、非常にお金が要りました。とにかく、お金を東北地方に回しましょう。重要なことだと思います。