kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

【観劇】三谷幸喜作「ろくでなし啄木」

東京芸術劇場に行って、三谷幸喜作の「ろくでなし啄木」を観てきました。

R3012360

僕が三谷作品で見たことがある舞台といえば、

の6作で、今回の「ろくでなし啄木」で7作目です。一番面白かったのが、「決闘!高田馬場」でした。これはもうダントツです。涙が出るほど笑いました。

で、今回の「ろくでなし啄木」が2番目に面白かったです。三谷幸喜は、この作品のことを「基本的にコメディではありません。(パンフレットから)」と言っていますが、やはり笑うポイントはあります。特に後半のスピード感がある会話劇は声を出して笑っちゃいました。

ちなみに、ストーリーは石川啄木藤原竜也)が主人公で、他の二人と一緒に東北へ旅行に来たという設定で始まります。

R3012354

キャストは、藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵の3人。僕はやっぱり中村勘太郎が好きですね。歌舞伎役者っての言うのは、本当に舞台大好きなんだなぁと、観ていて感じます。他の二人も素晴らしいんですが、勘太郎だけは、なんかこう、特別な思い入れがあります。ま、役どころも関係しているかもしれませんね。

R3012362

ちなみに東京芸術劇場は、今年の4月から1年半をかけて改修工事をするそうです。改修前の劇場で観ることが出来て、良い思い出になりました。やっぱり映画もいいですけど、役者さんが生で演じる舞台は「この演技はこれ一回こっきりよ!」という雰囲気があっていいですね。

今までやったことないですけど、千秋楽との演技を比べてみたいなぁと思いました。三谷さん始め、役者の皆さん、スタッフの皆さん、素晴らしい舞台をありがとうございました。