kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品関連。

最寄りの駅は、木造で無人駅

岡山の実家にある最寄りの駅は、木造で無人駅です。趣のある作りで、僕は大好きです。

R3011000

時刻表でチェックしてみましたが、だいたい上り下りをあわせて、1時間に1本くらいの頻度で列車がやってきます。

R3011003

姫新線(きしんせん)」というローカル線なのですが、電線で走る電車ではなく、ディーゼルエンジンで走る列車です。

R3011002

「ごめんなさい なかなか言えない いい言葉」

R3011001

こういう待合室もあるのですが、あまり待っている人を見たことがありません。でも誰かが掃除しているのか、ほこりもかぶらず、いつもキレイです。

R3011009

ホームに出てみると、こんな感じです。最近あまり見かけませんが、向かいのホームに渡る時にそのまま、線路に降りて渡る人もいます。危ないです。

R3011011

なんかこう、「僕の夏休み」を絵に描いたような風景だと思います。和むなぁ。

R3011013

あ、珍しく列車がやってきました。

R3011014

おぉ、1両編成だ。果たして1両を「編成」と呼んでいいものかどうか。

R3011019

行ってしまった。ディーゼルエンジンなので、独特の音を発しながら走っていきました。ちなみに、この車両は割と最近新しくなったのです。3年くらい前かな。それよりも前の車両はこれ↓

Japanese train

今はもう走っていない車両で、僕の貴重な写真です。この車両、大好きだったんだよなぁ。てなわけで、古い木造の駅舎とディーゼルエンジンの列車の話でした。