kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。浦和レッズ。医薬品の開発。

2016年度のJ1リーグチーム別収支(人件費)

7月20日にJリーグから各チームの収支が発表されました。J1からJ3まで53クラブ合わせた営業収入は、6年連続で増加していて、約994億円になっています。もうすぐ1000億円に届きそうです。

www.jleague.jp


ひとまずJ1の収益を見て、営業収益(売上高)と人件費を確認してみました。営業収益で18チームを上から並べると以下の通りです(単位は全て100万円です)。

  営業収益 人件費 人件費率 順位
浦和 6,606 2,381 36.04% 1
鹿島 5,582 1,929 34.56% 3
G大阪 5,146 1,900 36.92% 4
名古屋 4,713 1,984 42.10% 16
横浜FM 4,696 1,966 41.87% 10
FC東京 4,541 2,025 44.59% 9
川崎 4,254 1,643 38.62% 2
神戸 3,865 2,068 53.51% 7
広島 3,794 1,553 40.93% 6
磐田 3,303 1,378 41.72% 13
大宮 3,203 1,411 44.05% 5
新潟 2,908 1,220 41.95% 15
2,874 1,753 61.00% 8
鳥栖 2,766 1,476 53.36% 11
仙台 2,285 1,187 51.95% 12
福岡 1,836 937 51.03% 18
湘南 1,627 798 49.05% 17
甲府 1,523 736 48.33% 14


浦和が約66億円でトップ。甲府が15億円で最下位です。順位は年間勝ち点にしています(鹿島サポの方、申し訳ありません)。次に人件費を営業収益で割った「人件費率」で並べてみます。

  営業収益 人件費 人件費率 順位
2,874 1,753 61.00% 8
神戸 3,865 2,068 53.51% 7
鳥栖 2,766 1,476 53.36% 11
仙台 2,285 1,187 51.95% 12
福岡 1,836 937 51.03% 18
湘南 1,627 798 49.05% 17
甲府 1,523 736 48.33% 14
FC東京 4,541 2,025 44.59% 9
大宮 3,203 1,411 44.05% 5
名古屋 4,713 1,984 42.10% 16
新潟 2,908 1,220 41.95% 15
横浜FM 4,696 1,966 41.87% 10
磐田 3,303 1,378 41.72% 13
広島 3,794 1,553 40.93% 6
川崎 4,254 1,643 38.62% 2
G大阪 5,146 1,900 36.92% 4
浦和 6,606 2,381 36.04% 1
鹿島 5,582 1,929 34.56% 3


人件費率が高いと、どういうことか。以下のことが考えられます。

  • 比率が高くなってもいいので、選手に高い給料を払いたい(労働環境改善)
  • 思い切って良い選手を取って、順位を上げたい(投資)


後は、単純にそこまで考えてなくて、人件費が膨張してしまった、というよくないパターンもありそうです。柏レイソルなんか、28億円の売上で、人件費に17億円です。でも当期利益は、57百万円の黒字です。トップチーム運営費や販管費をかなり抑えてますね。

鹿島や浦和の人件費率はかなり低いです。営業収益が多いので、絶対的な人件費は多いですが、比率は低いですね。ちなみに鹿島の営業収益の内訳を見ると、「その他の収入」が17億円もあります(笑)。これはクラブW杯の恩恵です。2位のガンバが9億円ちょっとなので、ダントツの1位です。

面白いのが、人件費率の下位4チームが、年間勝ち点の上位4チームと言うことです。結果的にそうなったと思うのですが、なかなか面白いデータです。浦和や鹿島は、人件費にもう少し余力がありそうなので、もっとネームバリューのある選手を取ってこようと思えば、できそうな感じですね。

【TED】マット・カッツの30日間チャレンジ

先日、はてブのアプリを開いてなんか盛り上がっている話題はないかなと眺めておりました。そこに、「人生を変えるスピーチ!絶対に見ないと後悔するTED動画10選」というページが多くのブックマークを集めておりました。


その中で目についた動画が、今回紹介する「30日間チャレンジ」です。3分27秒の短い動画ですのでいつでも見ることが出来ます。

www.ted.com


内容は、何でもいいので、とにかく30日間続けてみること、ということです。毎日1枚写真を撮ることでも、砂糖を抜いた食事を取ることでも良い。30日間続けると、それは習慣になっている可能性があると言うことです。

毎年11月に多くの人が5万字の小説を書こうとチャレンジする。30日で割ると、1日1667文字。睡眠不足になるかも知れないが、30日間続けると立派な5万文字の小説ができます(私は小説家だ、と言うことができます)。

何かを(試しに)始めてみようと思っている人は、まず30日間と言うことを頭に置いて始めると良いかもしれません。終わりがないチャレンジというのはしんどくなりますが、終わりが見えているチャレンジは、取り組みやすい。この動画はそういうことを言っていますよね。

日経夕刊で、「有価証券報告書の読み方」が始まってます

日経夕刊で、私の好きなコーナーに「なるほど投資講座」があります。そのコーナーで、今日から「有価証券報告書の読み方」が始まりました。何回シリーズになるのか知りませんが、すごく楽しみです。

実は有価証券報告書には企業の実態を知るのに必要な情報がたくさん載っています。例えば年金資産。企業は将来従業員に支払う年金を運用し、積み立てています。積み立てが不十分だと業績に大きな影響を与えかねないため、どのように運用しているのか知る必要があります。短信だけでは得られない情報です。
(なるほど投資講座)有価証券報告書の読み方(1)  企業の実態知る「情報の宝庫」 :日本経済新聞


企業が業績報告するたぐいのものとして、有価証券報告書の他に決算短信があります。決算短信は四半期ごとに比較的簡単な内容で業績報告をするものです。有価証券報告書(以下、有報)は年に一回、決算から3ヶ月以内に報告するものです。

とてもボリュームがあるので、どこから読んで良いのかわかりません。そういう意味で、今回の連載は楽しみにしております。第1回は、おもに決算短信との違いや、年金運用が有報に書いてあるなど述べられています。

楽しみにしてますよ、日経さん。

徳島ヴォルティスのサッカーがかなり面白いことになっています。

少し前にDAZNで、名古屋対徳島をたまたま見ていたのです。すると徳島のサッカーが、かなり面白いと感じました。徳島のサッカーをずっと見ているわけではないのですが、以前は守備を固めてカウンター勝負というスタイルだったかと思います。

しかし、先日見た試合では、最終ラインからタッチ数の少ないパス中心のサッカーに変わっていました。そしてただ単にパスを回しているだけではなくて、結果も出ています。順位は、7月17日現在で22チーム中4位。

昨日の京都戦の得点シーンです。

www.youtube.com


中央からがっつり崩しての得点です。京都は5人がかりで中央を閉じようとしていますが、ショートパスでキレイに崩しております。何なんだ、この精度は。調子が良いときの浦和のような崩しにも通じます。

上の動画は、アタッキングサードでの崩しを映していますが、ビルドアップのところからかなりパス数が多いです。ヴォルティス、急にどうしちゃったんだと思って調べてみると、今年から監督が変わっているんですね。スペイン人のリカルド・ロドリゲス(43歳)という監督になっています。

京都戦後のインタビューを聞いていると、ポゼッションを重視している様なことを言っていました。この試合は、1−1の引き分けで、ロドリゲス監督としてはもっとポゼッションしたかった様です。

河童戦術のブログで有名な、リベロの河童さんも徳島について最近ブログに書いています。

kappa.blog


河童さんは、主に守備のところに注目して記事を書かれていますね。この素晴らしいサッカー、選手への負担も大きいと思うのですが、さて今年の徳島が何位でフィニッシュするのか楽しみです。2位以上で、自動昇格するようだと、監督が引き抜かれる可能性大ですね(笑)。


上西議員が、サッカー界隈に近寄っている。

一昨日、浦和対ドルトムントを見終わって、帰宅。のんびりとTwitterを眺めていると、FC岐阜のGK、高木義成さんがこんなTweetをしていました。

 
これ、誰に向けているのは後でわかるのですが、この時は「高木選手、なんか怒っているなぁ。」という感想でした。これが、ドルトムント戦が終わってその夜かな。それで、翌日、またTwitterを眺めていると、高木義成さんが誰に向かって怒っていたのかわかりました。無所属の上西議員でした。

 
高木選手はこのコメントに対してTweetされたようです。サッカーの見方なんて、人それぞれなので、上西議員からするとドルトムント戦での浦和は全然あかんかったんだぁという感想です。

しかし、上西議員のすごいところは、ここから加速して、サッカークラスタを刺激していくところです。

 
このTweetはなかなかインパクトのある言葉です。サッカー観戦好きな人を全否定しております(笑)。応援する人を否定してしまったら、プロスポーツが成り立たないじゃないか・・。

 
上西議員は、人の批判を気にしない人なので、あまりどうこう言ってもしょうがないから、そっとしておこうという人も・・。ちなみに、上西議員は選挙区が大阪なのでガンバ大阪の公式アカウントをフォローしておりますが、好きなチームは西川がいた頃のサンフレッチェだそうです。

そんな上西議員に、FC東京石川直宏さんがこんなTweetを。

 
このTweetに対して、サッカークラスタの皆さんからは「神対応」と絶賛されております。個人的には、上西議員ってここまですごい人なのか、批判をもろともしない人なんだなと、メンタルの強さにびっくりしました。

しかし、浦和対ドルトムントは、内容的に面白い試合だったので、サポーターとしてはこういうネタよりも、中身で盛り上がってほしいという気持ちですね。「あの試合すごかったわー。」なんてTweetがたくさん出回るようになってほしいです。

【Jリーグワールドチャレンジ】浦和レッズ対ドルトムント

浦和レッズドルトムントを見に行ってきました。チケットを売り出したときに、かなりの売れ行きで、ぴあやイープラスでは売り切れでした。何とかローソンチケットで買えた、という状況でした。2013年のアーセナル戦ではこんなに満員じゃなかった気がするのですが・・。

f:id:prings:20170715191248j:plain


私はバックスタンドの中央で見ておりました。上の写真はメインスタンドですが、黄色のユニを着ている人たちがかなり多いです。

f:id:prings:20170715191236j:plain


これはいつもの北ゴール裏。いつも通りです(笑)。でも親善試合だし、いつものような激しい応援ではなく、力の抜けたものに私には感じられました。

f:id:prings:20170715194356j:plain


試合当日までにはチケットは売り切れて、入場者数は58,327人でした。タイトルのかかったガンバ戦のような人数です。試合内容は、面白く、割りとオープンな展開でした。ドルトムントは監督が変わったばかりでもありますし、シーズン前ということもありますので、そこまでキレキレというわけでもありませんでした。オバメヤンもチェルシーに行ってしまうのではないかという話もありますし。

f:id:prings:20170715192331j:plain


ちょいと撮った写真を加工してみました。

9番のエムレ・モルというトルコ人はすごかったです。あの選手は、性格は知らないですが、サッカーの素質は素晴らしいと思いました。まだ19歳だそうです。

この試合で一番気になったのは、この埼スタに集まった黄色の服を着た人たち(ドルトムントファン)は、ふだんはどういう風にサッカーを見ている人なのだろうということです。

ガチンコで、日本にいるドルトムントサポーターなら時差は関係なく、ドルトムントの試合を追っかけているのでしょう。しかし、電車での会話や、スタジアムでの雰囲気をみていると、ライトなファンが多いのかなと感じました。

よくテレビに出てくるチームを、せっかくドイツから来るんだし、見に行ってみるか、と言う人が多かったと思います。そういう人たちが、今回のワールドチャレンジで、少しでもJリーグに興味を持ってもらえると良いなぁと思いながら試合を見ていました。

内容もよかったし、来週のセレッソ戦に向けて、良い準備になったのではないでしょうか。


【追記:16-Jul-2017】
後半途中から、那須が中央のリベロを担い、遠藤が右のストッパーに入りました。僕はなかなかこのフォーメーションは良いなぁと思っていたのですが、ミシャ監督はそうでもなかったようです。試合後のコメントから引用します。

遠藤が右ストッパーに入ることによってリベロに入る選手がいる中で、チームにとってプラスなのかマイナスなのかを考えたときに、私はプラスになるとは見ていません。そういったこともメディアの方は我々のチームを分析する中で、どうかというところを考えるべきではないかと思います。
ミシャ監督 ボルシア・ドルトムント戦試合後会見|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE


僕はおそらくこのコメントは「育成」のことを言ってるんじゃないかと思います。那須リベロ、遠藤の右ストッパーは、現状は良いオプションだが、長期的に見ると遠藤が育たないのではないのかなと。そういうことをミシャ監督は心配しているのではないかと思います。

日経と三木谷さんのやりとりが面白かった件。

日経電子版、Twitter好きの私としては、最近なかなか面白いコンビネーションを見ることが出来ました。まずTwitter楽天社長の三木谷さんをフォローしております。全体的になかなか気さくなTweetをしておられます。


楽天といえば、サッカーだとヴィッセル神戸、野球だと楽天イーグルスです。三木谷さん自身もテニスをされてますし(一橋大学時代はキャプテンだったそうな)、結構なスポーツ好きなんですね、きっと。

で、最近はバルサの選手が日本にやってきたので、それについてのTweetが多いです。




今シーズンから、バルサの胸スポンサーをやることになり、社内も英語です。グローバルな会社アピールです。そこへ日経が食いつきました(笑)。

楽天は13日、スペインのFCバルセロナとのパートナー契約開始イベントを都内で開いた。ブランドロゴも漢字からアルファベットに一新。国内事業が伸び悩み、拡大するアマゾンの陰で存在感も薄れるなか、世界を意識した展開を加速する。ネット業界の老舗は逆風を乗り越え創業20年目の進化を遂げられるか。
楽天 世界展開へ背水 バルサと契約、国内陰る存在感  :日本経済新聞


タイトルがえげつないです。「国内陰る存在感」って(苦笑)。これを読んだかどうかわかりませんが、この記事の後に三木谷さんが日経についてTweetしています。


この2者、あまり関係がよろしくないようで・・(苦笑)。そんな日経にえげつなく書かれている楽天の、最近の業績を確認してみました。

f:id:prings:20170715065342p:plain


このグラフは日経電子版からの引用です。売上は、順調に伸びています。営業利益は、良かったり悪かったりです。まあ、営業利益は、販促費や減価償却費のマイナスも含みますから、広告や投資をしているとカタカタしますね。四季報によると、国内8割、海外2割の売上比率です。2016年度の営業利益率は、ほぼ10%。小売りとしては悪くない数字です(小売りに分類して良いのか・・)。ちなみに社員の平均年収は689万円です。

全体的な数字を見るとそれほど悪くないと思います。ただ、日経新聞が書いている比較対象がAmazonなので、時価総額などで考えると、確かに弱い部分はあるかと思います。でも、Amazonとは業態が違う気が・・。

とりとめのない文章になりましたが、Twitterと日経電子版を愛用している私にとってはなかなか面白い事項でした。