読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kharunaの日記

1975年生まれ。サッカーと投資が好きです。村上主義者。さいたま在住。ファジアーノ岡山。医薬品の開発。

【騎士団長殺し】村上春樹が書きたくなかったんじゃないかと思う文章

08:books

騎士団長殺し、読んでますか?めちゃめちゃ面白いですよね。私も第2部の終盤まで読み進めてきています。ゆったりとした文章ながらも確実にストーリーは展開していきます。
 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 

本屋さんでも相変わらず売れているようです。新潮社の発表によると、発売前の発行部数が1部と2部合わせて130万部。オリコンのニュースによると、発売2週間で、2冊合わせて60万部を超えているようです。

村上氏は過去に『1Q84 BOOK1』(2009年5月発売:最高1位)と『~ BOOK2』(同:最高2位)で、2008年発表開始の当ランキング史上最多となる5週連続(2009/6/8付~7/6付)のBOOK部門1位・2位独占を達成。今作2作の合計売上部数は、登場2週目にして62.0万部( 620,026部) 、『~ BOOK1』と『~BOOK2』の同じく登場2週目時点での合計売上44.4万部を大きく上回るハイペースで売上を積み重ねており、自身が打ち立てた同・連続達成記録の更新への期待が高まる。
村上春樹『騎士団長殺し』2週連続1位・2位独占 | ORICON NEWS


私は2部の終盤まで読み進めているのですが、1カ所、かなり違和感を感じる部分がありました。タイトルにもある「村上春樹さんはあまり書きたくなかったのでは?」と思える文章です。

それは、第1部「顕れるイデア編」の231ページの終わりから232ページに出てきます。

エンジン音が坂道の下に消えてしまった後で、彼がウィスキーをグラスに一杯飲んでいたことを思い出したが(二杯目は結局口をつけられていなかった)、顔色にも全く変化はなかったし、しゃべり方や態度も水を飲んだのと変わりなかった。アルコールに強い体質なのだろう。それに長い距離を運転するわけではない。元々住民しか利用しない道路だし、こんな時刻には対向車も、歩いている人もまずいない。


おそらく村上さんがそれほど売れていない作家で、出版してもそれほど多くの人が読まないのであれば、この部分は書かなかったんじゃないかと思っています。文章的には、そのまま免色さんがかっこいいジャガーに乗って帰って行ったという風に書くとかっこよくまとまるような気がします。

しかし、村上さんの本があまりにも売れているため、おそらく「飲酒運転じゃないか!」と指摘されるかも知れないと思って、エクスキューズするために入れた文章に思えるのです。まあ、それは村上さんにしかわからないのですが。

村上さんの最近の短編集で、「女のいない男たち」があります。この作品の内容で、北海道・中頓別町の議員から抗議されたことがありました。

 

小さく短く息をつき、火のついた煙草をそのまま窓の外に弾いて捨てた。たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう。


上の文章に対して、指摘を受けたわけです。気持ちもわからないではないですけどね。小説なんて、フィクションなので一つ一つ指摘するのもどうかとは思うのですが、村上さんの小説は社会的影響も大きいですから、飲酒運転についても慎重に書かなければいけないのでしょうね。私としては、免色さんがそのままジャガーで帰って行ったとシンプルに終わるのが文章としてはかっこいいんじゃないかなとは思うんですけどね。

今回の「騎士団長殺し」には何度か飲酒運転に関わる文章が出てきます。村上さんはそれに対してすべてきちんと日本の法令に則って記載しています。これ、他の言語に翻訳されて世界で発売されるときはどのように変更されているのでしょうか。気になるところですね。


大阪・とり天は美味い

11:食べ歩き

昨日は、久しぶりに大阪のとり天にて食事をしました。店長さんは昔からの知り合いです。2家族で行きましたが、すごいスピードで料理を作ってくれました。半端ないとりのお店です。

 

f:id:prings:20170319035655j:image

 

とりの刺身からスタート。このあと、唐揚げやらとり天やら、ふわふわの美味しいとり料理が出て来ました。

 

美味しかったで〜(^ ^)。さて、明日は決戦のガンバ戦です!

 

上海上港対浦和レッズ

浦和レッズ2017

幸運なことに、現地で観戦することができました。ACL2017の上海上港戦です。場所は、上海体育場。

 

f:id:prings:20170317004629j:image

 

結果は3-2の敗戦でした。後半にラファエルと遠藤のゴールで盛り上がりましたが、前半よ失点が響きました。相手が相手だけに、いつもより浦和の選手が上ずっていたような気がします。

 

f:id:prings:20170317005036j:image

 

後半の頭から、ラファエルと柏木を投入し、流れが変わりました。上海は、攻撃の選手に世界的にも有名な選手を補強しています。しかし、守備もかなりきちんとしていました。

 

前線からのプレスが激しくて、なかなか浦和が落ち着いてボールを回せなかった面がありました。よく2点取ったと思います。

 

さて、次節はその上海上港を迎えてのホーム戦。やり返してやりましょう。

上海に来ています。

04:旅行

7年ぶりに上海にやって来ました。気温は埼玉とそれほど変わらず、同じような服装で来れます。飛行機の中で、浦和レッズのユニフォームを着ている人を見かけましたが、今週は上海上港対浦和レッズが、上海であるのですね。う、羨ましい。

 

f:id:prings:20170315071947j:image

 

上海に来る前に、日本でSIMカードを購入しました。中国国内のSIMカードだと、規制がかかっていてLINEとかTwitterがつながらないそうです。そこで、香港からローミングするタイプを購入しました。

 

 

 

7日間で1GB使えます。レンタル型のWiFiルーターだと、おそらく4日間で5000円ほどするので、1880円は安いです。サクサクつながります。

 

 

 

ひふみ投信について

12:Finance

ちょっと前にカンブリア宮殿で、ひふみ投信についてがっつり1時間特集が組まれていました。この影響で、ひふみの口座を開く人が殺到しているそうです。僕もひふみには以前から興味があって、信託報酬がいくらかというのは調べたことがあります。

www.rheos.jp


初めは、税込みで1.0584%、5年保有で一部が還元されるようになっていて0.8584%。10年以上保有すると0.6584%になります。パフォーマンスが良い投信ですから、この信託報酬以上のリターンがあるのでしょう。

私が躊躇しているのが、率直なところ、藤野さんの能力はとても良いと思うのですが、果たして10年後、20年後も藤野さんがファンドマネージャーとして仕事をしているかどうか、と言うところです。「そんなこと気にしていたらアクティブファンドなんて始められないよ!」と言われそうです。その通りで、僕が買っているアクティブファンドは「JPMザ・ジャパン」だけです。しかもかなりポートフォリオの割合は低いです。

1人の能力に依存しているファンドは、そこが引っかかるところです。でもやはり良いファンドだと思うので、全く否定するつもりもないです。「気にはなるけど、藤野さん1人の力が大きいんじゃないのかなぁ。」というのが今一歩買う気にならない要因ですね。繰り返しますが、嫌いではないです。

【途中経過】騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

08:books

相変わらず通勤電車の中で、ずっと村上春樹を読んでいます。新聞もほとんど読んでいないので、世の中の動きにあまりついて行けてません。心境としては、完全に山にこもって本を読んでいるような状態です。

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 
とても面白いですね。第1部の3分の2くらいまで読みました。日常からいつの間にか非日常に移行する、春樹さんらしい流れで、とても読み応えがあります。次の展開がとても気になります。そしてウィスキーが飲みたくなります(笑)。僕なんか、仕事帰りにスーパーで安いウィスキーを購入してしまいました。まあ、ちょうどウィスキーがなくなっていたというのもあるのですが。

知り合いの外国人で村上春樹好きな人に聞いてみると、村上春樹の新作をいち早く日本語で読めるのはとてもうらやましいと言っていました。村上春樹が日本人で本当によかったです。引き続き読み続けます。

セレッソ戦後のミシャ監督のコメント

浦和レッズ2017

日にちが空いてしまいましたが、浦和レッズの公式HPにミシャ監督のセレッソ戦後コメントが掲載されていて、読んでみました。相変わらず面白いです。今回は、記者からXEROXスーパーカップ→ACLJリーグACLJリーグと続いた5連戦の総括について質問をされました。2週間で5連戦はなかなかハードです。

その中で、青木、阿部、柏木、駒井、遠藤、那須ボランチで使えるんじゃないかという質問がありました。

我々のサッカーにとって、この真ん中のポジションは心臓です。その心臓部の選手というのは、しっかりと守備もできなければいけないですし、ボールを前に運べないといけません。そして的確なタイミングでボールを縦に入れ、サイドを変え、左右、前にボールを出せないといけません。そうしたものが求められるポジションです。真ん中にいて、ボールがそこにあるということは、攻撃において選択肢が増えるポジションでもあります。ボールが真ん中にあれば、右にも左にも前にも出せる。その意味で、真ん中の選手は攻撃においても非常に重要な役割を担いますし、守備においても重要な役割を担います。今シーズン、この5試合の中で、ここができる選手が増えたことは見せられたと思いますし、その意味でこの5試合は、今後の展望として、ポジティブな状況であると言っていいと思います。
ミシャ監督 C大阪戦試合後会見|URAWA RED DIAMONDS OFFICIAL WEBSITE


柏木が、内転筋を痛めていて、今回は青木がかなり稼働してくれました。さらに駒井がボランチで使えると言うこともわかりました。遠藤と那須を同時に出場させて、那須ボランチに使う、あるいはその逆もできそうです。

去年までは阿部ちゃんがフル稼働で、なかなか大変でしたけども、今シーズンはみんなで阿部ちゃんを助けることができそうです。さらには、ラファエルの加入は本当にワクワクさせてくれます。

しかし、矢島、長澤はちょっと厳しい状況ですね。湘南から来た菊池もマリノス戦でそれほど目立っていなかったです。菊池が頑張ってくれれば宇賀神が休めるかな、とも思いますけども。